テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
戦争責任と戦後補償
朝鮮人・中国人の強制連行・強制労働、従軍慰安婦、占領下の住民虐殺、サハリン残留戦争被害者など、日本軍による戦争が生みだした戦時犯罪の責任と、今なお未解決の補償問題を考察する。
関連書籍を探す
新書リスト | 背表紙から
こうして歴史問題は捏造される
有馬哲夫著 -- 新潮社 , 2017.9, 255p. -- (新潮新書 ; 734)
毛沢東の対日戦犯裁判 : 中国共産党の思惑と1526名の日本人
大澤武司著 -- 中央公論社, 2016.11 , 260p. -- (中公新書 ; 2406)

Also in
戦後補償裁判 : 民間人たちの終わらない「戦争」
栗原俊雄著 -- 日本放送出版協会, 2016.06, 285p. -- (NHK出版新書 ; 489)
アメリカの戦争責任 : 戦後最大のタブーに挑む
竹田恒泰著 -- PHP研究所, 2015.8, 285p, -- (PHP新書 ; 1000)
戦犯を救え : BC級「横浜裁判」秘録
清永聡著 -- 新潮社 , 2015.8, 237p. -- (新潮新書 ; 631)
戦犯の孫 : 「日本人」はいかに裁かれてきたか
林英一著 -- 新潮社 , 2014.02, 197p. -- (新潮新書 ; 556)
国家と歴史 : 戦後日本の歴史問題
波多野澄雄著 -- 中央公論社, 2011.11 , 296p. -- (中公新書 ; 2137)
最後の戦犯死刑囚 : 西村琢磨中将とある教誨師の記録
中田整一著 -- 平凡社, 2011.5, 262p. -- (平凡社新書 ; 585)
中国侵略の証言者たち : 「認罪」の記録を読む
岡部牧夫, 荻野富士夫, 吉田裕編 -- 岩波書店, 2010.4, xiii, 189p. -- (岩波新書 ; 新赤坂 1242)

Also in
日本人はなぜ謝りつづけるのか : 日英<戦後和解>の失敗に学ぶ
中尾知代著 -- 日本放送出版協会, 2008.8.10, 253p. -- (生活人新書)

Also in
日本とドイツ二つの戦後思想
仲正昌樹著 -- 光文社, 2005.7 , 244p. -- (光文社新書 ; 213)

Also in
戦後和解 : 日本は「過去」から解き放たれるのか
小菅信子著 -- 中央公論新社, 2005.7 , v, 222p. -- (中公新書 ; 1804)
戦後責任論
高橋哲哉著 -- 講談社, 2005.4 , 281p. -- (講談社学術文庫 ; 1704)
戦争を知らない人のための靖国問題
上坂冬子著 -- 文芸春秋, 2006.3 , 186p. -- (文春新書 ; 498)

Also in
今なぜ戦後補償か
高木健一著 -- 講談社 , 2001 , 236p. -- (講談社現代新書 ; 1578)

Also in
「戦後補償」を考える
内田雅敏著 -- 講談社 , 1994 , 202p. -- (講談社現代新書 ; 1213)

Also in
BC級戦犯裁判
林博史著 -- 岩波書店, 2005.6 , iii, 218, 13p. -- (岩波新書 ; 新赤版 952)
従軍慰安婦と戦後補償 : 日本の戦後責任
高木健一著 -- 三一書房 , 1992 , 200p. -- (三一新書 ; 1042)

Also in
戦争責任・戦後責任 : 日本とドイツはどう違うか
粟屋憲太郎 [ほか] 著 -- 朝日新聞社 , 1994 , 272p. -- (朝日選書 ; 506)

Also in
サハリン棄民 : 戦後責任の点景
大沼保昭著 -- 中央公論社 , 1992 , iv,228p. -- (中公新書 ; 1082)
私の平和論 : 戦前から戦後へ
日高六郎著 -- 岩波書店 , 1995 , viii, 191p. -- (岩波新書 ; 新赤版 411)

Also in
ポストコロニアリズム
本橋哲也著 -- 岩波書店 , 2005 , xix, 232p. -- (岩波新書 ; 新赤版 928)

Also in
百人斬り裁判から南京へ
稲田朋美著 -- 文芸春秋, 2007.4, 214p. -- (文春新書 ; 566)

Also in
他のテーマにも入っています
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP