テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
空白の北朝鮮現代史 : 白頭山を売った金日成
金基燦著
-- 新潮社 , 2003 , 190p. -- (新潮新書 ; 019)
ISBN : 新<9784106100192> , 旧<4106100193>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
朝鮮民族(韓民族)が「民族の聖山」として仰ぐ白頭山は、中国と朝鮮との間で長年にわたってその帰属が争われてきた。
ところが一九六二年、金日成は中国と極秘条約を結び、朝鮮戦争支援への見返りとして、この山の半分を中国に譲り渡していたのだ。
東アジアに残る知られざる国境紛争の歴史をたどりつつ、民族共有の財産まで私物化し、民族に対する裏切り行為を平然と行ってきた金日成・金正日親子の罪を告発する。
第1章 民族の聖なる山(白頭山への道;崔南善の嘆き ほか)
第2章 白頭山の石碑と国境線問題(白頭山は歴史とともに;白頭山石碑「定界碑」の謎;日露戦争後の間島問題)
第3章 金日成・金正日の犯罪(白頭山を中国に渡した金日成;白頭山と金正日の山ではない;民族的課題として)
第4章 国境の町を訪ねて(延吉のアジメたち;「北からの亡命者を助けてほしい」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP