テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本語の考古学
今野真二著
-- 岩波書店, 2014.04 , 258p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1479)
ISBN : 新<9784004314790> , 旧<4004314798>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
私たちにとっては「当たり前」のものでしかない、現代の日本語。しかし、少し時間をさかのぼってみると、その「常識」は必ずしも当てはまりません。土器のかけらを丁寧に拾い集め、刷毛できれいに土埃をぬぐう考古学者にならって、過去の日本語をつぶさに観察してみると、そこには何が見えてくるでしょうか?

 本書で「発掘」の対象となるのは、写本などとして今に伝わる、かつて書かれた日本語。しかもそこに残された、書きぐせ、文字使い、改行、書き間違い-。こうした小さな小さな痕跡から、日本語学者の眼差しはたくさんのヒントを見つけ出します。
はじめに

 




「書かれた日本語」の誕生 ―最初の『万葉集』を想像する
   


『源氏物語』の「作者」は誰か ―古典文学作品の「書き手」とは
   


オタマジャクシに見えた平仮名 ―藤原定家の『土左日記』
   


「行」はいつ頃できたのか ―写本の「行末」を観察する
   


和歌は何行で書かれたか ―「書き方」から考える日本文学と和歌
   


「語り」から「文字」へ ―流動体としての『平家物語』
   


「木」に読み解く語構成意識 ―「ツバキ」と「ヒイラギ」と
   


なぜ「書き間違えた」のか ―誤写が伝える過去の息吹
   


「正しい日本語」とは何か ―キリシタン版の「正誤表」から
   


テキストの「完成」とは ―版本の「書き入れ」
   
 おわりに
 あとがき
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP