テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
英語学習は早いほど良いのか
バトラー 後藤裕子著
-- 岩波書店, 2015.8 , 242p. -- (岩波新書 ; 新赤版 1560)
ISBN : 新<9784004315599> , 旧<400431559X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
子どもたちに早くから英語を学ばせようというプレッシャーが強まっている.「早く始めるほど良い」という神話はどこからきたのか? 大人になったら手遅れなのか? 言語習得と年齢の関係についての研究の跡をたどり,問題点をあぶり出す.早期開始よりも重要な要素とは何か,誰がどのように教えるのがよいのだろうか.


第1章
逃がしたらもう終わり?―臨界期仮説を考える
1 臨界期仮説のはじまり
2 臨界期とは何を意味するのか
3 言語能力とは何か


第2章
母語の習得と年齢―ことばを学ぶ機会を奪われた子どもたち
1 赤ちゃんの言語習得
2 正常に言語習得を開始できなかった子どもたち
3 手話の発達と開始年齢


第3章
第二言語習得にタイムリミットはあるか
1 子どもの耳は本当にすぐれているのか
2 大人は第二言語の文法をマスターできない?
3 母語と第二言語の語彙習得はトレードオフの関係?
4 臨界期は複数存在する?
5 脳科学は救世主となるか


第4章
習得年齢による右下がりの線―先行研究の落とし穴
1 年齢と習得期間のジレンマ
2 言語能力をどう測定するか
3 バイリンガル、母語話者のとらえ方


第5章
第二言語学習のサクセス・ストーリー
1 大人から始めてもネイティブなみに話せるようになるか
2 母語話者と非母語話者の境界線
3 サクセス・ストーリーに学ぶ秘訣
4 異なる結果の裏にあるメカニズム


第6章
外国語学習における年齢の問題
1 「早いほど良い」という神話
2 学習開始時期か授業時間数か
3 読み書きの習得
4 動機づけと不安


第7章
早期英語教育を考える
1 早期開始より量と質
2 読み書きの導入
3 誰が指導するのか
4 英語分断社会


 おわりに
  参考文献
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP