テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
世界銀行は地球を救えるか : 開発帝国五○年の功罪
スーザン・ジョージ, ファブリッチオ・サベッリ著 ; 毛利良一訳
-- 朝日新聞社 , 1996 , 326, 26p. -- (朝日選書 ; 567)
ISBN : 新<9784022596673> , 旧<4022596678>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
現代世界を動かす「開発」神話の司令塔世銀。
知られざるこの超国家機関の組織・人・世界観そして教義を解明する。
第1章 世界銀行の創設—ケインズの描いた構想
第2章 もう一人の創設者—マクナマラの遺産
第3章 構造調整—第三世界は救済されたか?
第4章 偽りの予言—自己正当化のシステム
第5章 市場経済ドクトリン—原理主義者サマーズの開発モデル
第6章 団結心—世銀文化と機構改革
第7章 よい統治—世銀コンディショナリティの影響力
第8章 地球環境—世銀とNGOの主戦場
第9章 知的・金融的複合体—開発の知的リーダーシップとH通りの異端
第10章 王国の支配者たち—マッシュルーム原理
第11章 世界銀行の実体—イメージ問題と改革の可能性
むすび なぜ「あれ」は権力をもっているのか?
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP