テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日米開戦と人造石油
岩間 敏著
-- 朝日新聞出版, 2016.10, 269p. -- (朝日新書 ; 588)
ISBN : 新<9784022736888> , 旧<4022736887>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
戦後公開された機密資料を読み解き、今まで、ほとんど明らかにされてこなかった、開戦の過程と人造石油開発の実態に迫る。開戦判断の要因の一つは、国内の石油需給の見通しであった。これを大きく左右したのは人造石油の生産予測だった。政府・軍部の指導者も、人造石油に期待していた。しかし大本営政府連絡会議の席上、この計画は大きく変更される。そして航空燃料、物資輸送船舶の不足が明らかであるにも拘らず、この議論は行われないまま、開戦決定へ移行したことが分かるのである。
第1章 日本を幻惑させたドイツの人造石油
第2章 開戦前の巨大プロジェクト、人造石油生産計画
第3章 日本周辺に石油供給源はなかったのか
第4章 開戦はどう決められたのか
第5章 人造石油はどのような役割を背負わされたのか
第6章 いつ頃から開戦の準備は進められたのか
第7章 困窮する石油需給と国民総動員の松根油生産
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP