テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
高血圧のほとんどは薬はいらない! : 50歳・男性で155は正常値
大櫛陽一著
-- 角川SSコミュニケーションズ, 2014.09, 155p. -- (角川SSC新書 ; 234)
ISBN : 新<9784047316515> , 旧<4047316512>
 
関連書籍を探す
日本では、血圧が「130」を超えると高血圧とされる。だが、これは絶対的なものではない。例えば2014年4月に日本人間ドック学会が「147まで正常値」と発表したように、血圧の基準値というのはいくつも存在しており、その中で130というのは「低い」設定なのである。そもそも血圧とは年齢別で考えるべきもの。血管は年齢とともに柔軟さを失うので、年長者になるほど体が血圧を高くして血液を流れやすくしている。130という低い基準値は、そうした血圧をも薬で下げるもので、悲劇を招くこともあるのだ。本書は、こうした「血圧130の常識の嘘」を説き、高血圧を36話で学ぶものである。
第1章 高血圧の基準値が変わる?
第2章 さようなら高血圧の恐怖
第3章 医師と製薬企業との利益相反
第4章 日本人を対象とした研究
第5章 降圧剤のウラばなし
第6章 血管を元気にする方法
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP