テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
現代のキリスト教
小田垣雅也 著
-- 講談社 , 1996 , 331p. -- (講談社学術文庫 ; 1254)
ISBN : 新<9784061592544> , 旧<4061592548>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
近代の人間本位の神学は神の絶対性を見失わせて、20世紀のニヒリズムを生んだ。
このためカール・バルトは再び神の側から発想を取り戻した現代神学を構築した。
本書はこの現代神学の古典時代から「神の死の神学」、西田哲学との共通点も指摘される「プロセス神学」、さらに中南米を中心とした「解放の神学」や米国起源の「フェミニスト神学」まで現代のキリスト教を興味深く説く書下ろし力作である。
第1部 啓示と理性(上からの神学・中世と宗教改革期;下からの神学・近代神学)
第2部 現代のキリスト教(現代神学の古典時代;ポスト・モダーンとキリスト教;ネオ・ロマンチシズムの神学に向けて)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP