テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
パソコン犯罪から身を守る : インターネット時代は危険がいっぱい
谷岡康則著
-- 講談社 , 1997 , 217, vp. -- (ブルーバックス ; B-1163)
ISBN : 新<9784062571630> , 旧<4062571633>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
パソコンが普及し、コンピュータ・ネットワークが急速に広まりつつある現在、その便利さ以上に危ない側面も無視できなくなっている。
悪玉ハッカーによる詐欺、個人情報の盗用、コンピュータ・ウイルスによる破壊行為など直接犯罪に結びつくものから、情報の流出や改ざんなど電子メールや電子マネーに内在する本質的な危うさまで、その範囲は多岐にわたる。
まさにインターネット時代の影の部分といえるこうした危険と犯罪の正体を明らかにし、私たちが何に気をつければよいかを考える。
序章 他人事ではなくなった危険性—パソコンとパソコン通信には「犯罪」がいっぱい
第1章 あなたのデータは狙われている—ハッカーとクラッカー
第2章 何気ない行為が犯罪になる—変化した「コピー」の概念と著作権
第3章 突然パソコンが使えなくなる日—ウイルスとワクチン
第4章 パソコン通信は良い人しか利用していないのか?—パソコン通信での個人情報の守り方
第5章 流行の裏にある落とし穴—インターネットは安全か?
第6章 原子爆弾製造法からわいせつ画像まで—表現の自由とプライバシーの問題
終章 法と技術の綱引きの中で—法規制の現状と今後
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP