テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
放射能と人体 : 細胞・分子レベルからみた放射線被曝
落合栄一郎著
-- 講談社, 2014.03, 310p. -- (ブルーバックス ; B-1859)
ISBN : 新<9784062578592> , 旧<406257859X>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
瞬時に高線量の放射線を浴びれば即死する。では、低線量でも長期にわたって被曝したら…?被曝から約70年を経た現在も、臓器内部から放射線が出続けているという。細菌やウイルス、化学物質に対して免疫システムや解毒作用を備える人体だが、放射能にはどれだけ耐えられるのか。原爆や原発事故、劣化ウラン弾による被曝の調査報告をもとに、放射線の生体への影響を科学的観点から詳細に検証する。
第1部 放射能とは何か?(放射能はなぜ怖いのか)
第2部 放射線とその生体への影響に関する原理(原子力、放射線、化合物
生物は化学世界に生きている―化学物質は生体系でどうふるまうか
放射線と化学世界の相互作用
放射線は生命にどう影響するか ほか)
第3部 放射能は健康にどう影響するか(広島・長崎の原爆についてのデータ
原水爆実験、スリーマイル島事故と正常運転時の原発
チェルノブイリ原発事故
福島第一原発事故 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP