テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
反日と反中
横山宏章著
-- 集英社, 2005.8 , 219p. -- (集英社新書 ; 0306A)
ISBN : 新<9784087203066> , 旧<4087203069>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
近年、中国では反日感情が高まり、日本でも反中感情が芽生えている。
経済的にはますます相互依存が深まっている両国で、いまなぜこうした現象が起きているのだろうか?
近代以降の日中関係には、靖国神社参拝や尖閣諸島、歴史教科書といった個別の問題だけでは説明することのできない、長い歴史のなかで形成された複雑な国民感情が横たわっている。
現代に影響を与え続ける日中の歴史をひもときながら、不毛な感情的対立を超え、東アジアの両国が共に発展しうる道程をさぐる。
第1部 感情的反発としての反日と反中—狭隘なナショナリズムか(中国の反日騒動;日本の反中感情)
第2部 対日観と対中観のルーツを求めて(中華世界の安定から動揺、そして再興へ;日本の国民感情としての反中意識—羨望感の倒錯;中国の国民感情としての反日意識—蔑視観の倒錯)
第3部 共産党支配と経済的擡頭(国民を結束させるためには反日は不可欠;中国の市場経済への驀進は「脅威」か、「軽蔑」か)
第4部 争点とその行方(今日の反日と反中の対峙;本当に反日と反中を超克できるか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP