テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
行動分析学入門 : ヒトの行動の思いがけない理由
杉山尚子著
-- 集英社, 2005.9 , 190p. -- (集英社新書 ; 0307E)
ISBN : 新<9784087203073> , 旧<4087203077>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
失敗行動や犯罪の原因は、"心"に求められることが多い。
「あいつはやる気がない」「過去のトラウマだ」等々。
しかし、これでは評価にこそなりえても、問題解決にはつながらない。
行動分析学は、ヒト及び動物の行動を「行動随伴性」という独自の概念によって明らかにするもので、行動の原因を個体内部、つまり心ではなく、個体を取り巻く外的環境に求めていく。
アメリカの心理学者スキナーが創始した学問体系である。
介護や医療、ビジネス、スポーツ、家庭などさまざまな現場で応用されており、大きな成果をあげてきた。
本書は、日本における第一人者による、わが国初の一般用入門書である。
第1章 心理学をめぐる誤解(心とこころ;心理学にはいろいろある ほか)
第2章 行動の原理(好子出現の強化;嫌子消失の強化 ほか)
第3章 行動をどのように変えるか(新年の誓いはなぜ破られるか?;知識こそが行動の源なのか? ほか)
第4章 スキナーの思想と実験的行動分析(スキナーの哲学;はじめはネズミ、そしてハトへ ほか)
第5章 言語行動(人間の特徴は、言葉の使用である;スキナーの『言語行動』 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP