テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
はじめての憲法教室 : 立憲主義の基本から考える
水島朝穂著
-- 集英社 , 2013.10, 189p. -- (集英社新書 ; 0712)
ISBN : 新<9784087207125> , 旧<4087207129>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
「憲法は国民が守るもの」と教えられることが多い日本の憲法教育。しかし、立憲主義の本質からいえば、憲法は国家権力の暴走を縛るためのものである。このような憲法の基礎知識を踏まえつつ、憲法学者・水島朝穂が、そもそも憲法とは何か、また、“ここだけは変えてはならない一線”とは何かを考察。さらに、自民党の提案した「日本国憲法改正草案」や、読売新聞の憲法に関する意識調査などにも言及しながら、改憲議論の何が問題かを指摘する。憲法について深く知るための、必読の書!
第1章 憲法とは何か(設問にならない設問;日本の憲法教育の「忘れ物」 ほか);
第2章 自衛隊と国防軍、違うのは名称だけではない?(憲法は何でも変えていいのか;国防軍を創設すれば解決するのか? ほか);
第3章 統治について―二院制は必要か?(二院制と政党政治;国民の「知的レベル」を問う ほか);
第4章 人権を制限する憲法改正とは?(権力者にやさしい憲法へ;「家族の基本原則」と生活保護 ほか);
第5章 憲法条文の読み解き方(憲法に込められた「言葉の仕掛け」;「絶対にこれを禁ずる」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP