テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
十五歳の戦争 : 陸軍幼年学校「最後の生徒」
西村京太郎著
-- 集英社 , 2017.8, 249p. -- (集英社新書 ; 0895)
ISBN : 新<9784087208955> , 旧<4087208958>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
昭和二十年四月一日。少年・矢島喜八郎、のちの作家・西村京太郎は、エリート将校養成機関「東京陸軍幼年学校」に入学した。八月十五日の敗戦までの、短くも濃密な四か月半。「天皇の軍隊」の実像に戸惑い、同級生の遺体を燃やしながら死生観を培い、「本土決戦で楯となれ」という命令に覚悟を決めた―。戦時下の少年は何を見て、何を悟ったのか。そして、最後の混乱をどのように生き抜いて作家となったのか。本書は、自身の来歴について、著者が初めて書き下ろした自伝的ノンフィクション。いまこそ傾聴したい、戦中派の貴重な証言である。
第1章 十五歳の戦争(世界大恐慌の時に生れた
東京陸軍幼年学校の日々)
第2章 私の戦後―特に昭和二十年(前半は戦争、後半は平和だった時代)(戦後はゼロから始まったというのは、嘘である
憲法改正問題
日本全体が飢餓状態
戦後を生き抜く―作家になるまでの紆余曲折)
第3章 日本人は戦争に向いていない(日本の軍人には、現代戦がわからなかった
現代戦に向かない性格と国民性
なぜ、日本の軍人は、死を生の上に置くのか
国の義務は兵士を見捨てないことであり、兵士の義務は国を見捨てないことである)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP