テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
がん哲学外来へようこそ
樋野興夫著
-- 新潮社 , 2016.02, 187p. -- (新潮新書 ; 555)
ISBN : 新<9784106106552> , 旧<4106106558>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
がん患者が次々入っては、笑顔で出てくる外来がある―その名は「がん哲学外来」。治療の不安から人間関係の悩みまで、主治医には打ち明けづらいあらゆる相談に著者は答え続けてきた。「自分を心配するのは一日一時間でいい」「冷たい医師にもいい医師がいる」「がん細胞は不良息子と同じ」「何を望むか、よりも何を残すかが大切」…貴重な個人面談録をもとに綴る、患者と家族の心に効く「ことばの処方箋」。
1章 「がん哲学外来」とはどんな場所?
2章 がんより悩ましいのは「人間関係」
3章 治療を邪魔しているのは何か
4章 医療の「すき間」に、誰か一人がいればいい
5章 がん細胞に人間が学ぶ
6章 「何を望むか」より「何を残すか」が大切
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP