テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
明治政府と英国東洋銀行(オリエンタル・バンク)
立脇和夫著
-- 中央公論社 , 1992 , 203p. -- (中公新書 ; 1089)
ISBN : 新<9784121010896> , 旧<4121010892>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
鳥羽伏見の戦に勝ったものの新政府の財政は苦しく、“貧国強兵”の状態にあった。
英国東洋銀行(オリエンタル・バンク)は、イギリス公使パークスの積極的な対日政策を背景に緊急融資、明治政府と親密な関係を築く。
以後、新貨鋳造、鉄道建設に伴う外債発行等多面的に協力、日本の近代的通貨金融制度形成にも大きな影響を及ぼした。
中央銀行制度確立以前にその役割を担った一銀行の栄光と没落を通して明治初期の経済社会を浮彫りにする。
第1章 明治政府とオリエンタル・バンク
第2章 近代通貨・金融制度の創設
第3章 大坂造幣寮の建設と運営
第4章 日本最初の鉄道建設と外国公債
第5章 洋銀券と小切手をめぐる攻防
第6章 第2回外国公債の発行
第7章 三井組への金融支援
第8章 オリエンタル・バンクの栄光と挫折
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP