テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
人口学への招待 : 少子・高齢化はどこまで解明されたか
河野稠果著
-- 中央公論新社, 2007.8, 282p. -- (中公新書 ; 1910)
ISBN : 新<9784121019103> , 旧<4121019105>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
二〇〇五年から始まった日本の人口減少。
一〇〇年後には半減と予測されている。
北・西ヨーロッパに端を発し、いまや世界人口の半分を覆った少子化は、なぜ進むのか—。
急激な人口減少が社会問題化するなか、急速に脚光を浴びる人口学だが、戦前の国策に与したと見られ、近年まで疎んじられてきた。
本書は、人口学の入門書として、人口の基礎的な考え方、理論、研究の最前線、少子化のメカニズムなどを平易に解説する。
序章 人口問題—急増から激減へ
第1章 人口学の基礎
第2章 生命表とその応用
第3章 少子化をめぐる人口学
第4章 人口転換—「多産多死」から「少産少死」へ
第5章 生殖力と出生率—生物的・行動的「近接要因」
第6章 結婚の人口学—非婚・晩婚という日本的危機
第7章 出生率低下と戦後社会—五つの社会経済的理論
第8章 出生率の予測—可能性と限界
第9章 将来の人口推計—未来をよむ人口学
終章 人口減少社会は喜ばしいか
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP