テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
地震の日本史 : 大地は何を語るのか
寒川旭著
-- 中央公論新社, 2007.11, iv, 268p. -- (中公新書 ; 1922)
ISBN : 新<9784121019226> , 旧<4121019229>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本の歴史は、地震の歴史だと言っても過言ではない。
人の記憶に残らず、文書に記述がないからといって、地震が存在しなかったと速断するのは大きな間違いである。
地層を掘ってゆけば、地震の際に発生する噴砂や地滑りなどが、いつ、どのようにして起きたのかを、土や砂が雄弁に物語っていることに出会う。
本書は、「地震考古学」を確立した著者による、日本歴史を地震の連鎖として描く異色の読み物である。
第1章 縄文時代〜古墳時代
第2章 飛鳥〜平安時代中期
第3章 平安時代後期〜室町時代
第4章 安土桃山時代
第5章 江戸時代
第6章 江戸時代末期
第7章 近・現代
終章 二一世紀の地震
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP