テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
アダム・スミス:『道徳感情論』と『国富論』の世界
堂目卓生著
-- 中央公論新社, 2008.3, iv, 297p. -- (中公新書 ; 1936)
ISBN : 新<9784121019363> , 旧<4121019369>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
政府による市場の規制を撤廃し、競争を促進することによって経済成長率を高め、豊かで強い国を作るべきだ—「経済学の祖」アダム・スミスの『国富論』は、このようなメッセージをもつと理解されてきた。
しかし、スミスは無条件にそう考えたのだろうか。
本書はスミスのもうひとつの著作『道徳感情論』に示された人間観と社会観を通して『国富論』を読み直し、社会の秩序と繁栄に関するひとつの思想体系として再構築する。
序章 光と闇の時代
第1章 秩序を導く人間本性
第2章 繁栄を導く人間本性
第3章 国際秩序の可能性
第4章 『国富論』の概略
第5章 繁栄の一般原理(1)—分業
第6章 繁栄の一般原理(2)—資本蓄積
第7章 現実の歴史と重商主義の経済政策
第8章 今なすべきこと
終章 スミスの遺産
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP