テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
小児がん : チーム医療とトータル・ケア
細谷亮太, 真部淳著
-- 中央公論新社, 2008.11, vi, 208p. -- (中公新書 ; 1973)
ISBN : 新<9784121019738> , 旧<4121019733>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
小児がんは医学の進歩によって七〇〜八〇パーセントの症例で治癒が見込めるようになった。
しかし、三歳以上の子どもの死亡原因のなかでは、事故に次ぐ第二位の座をいまだに占めている。
小児がんは大人のがんとどこが違うのか。
どういった種類があるのか。
そして、小児がんになった子どもに対して、まわりの大人はどのようにサポートすべきだろうか。
症例コラムを交え、緩和ケアや家族への対応についても考察する。
第1章 小児がんとはどのような病気か(疫学について—基礎編1;病因・遺伝について—基礎編2;染色体と遺伝子—基礎編3)
第2章 小児がんの種類と特徴(白血病;悪性リンパ腫;脳腫瘍;神経芽腫;臓器の腫瘍;骨腫瘍;その他の腫瘍;類縁疾患と先天性疾患・二次がん;生存曲線の読み方)
第3章 小児がんの診断と治療法(小児期悪性腫瘍の疫学;診断とアセスメント;造血幹細胞移植;化学療法;放射線療法;外科療法;検査値の読み方)
第4章 標準治療がうまくいかなくなったらどうするか(実験的治療;代替医療;緩和医療;思春期・若年成人の急性リンパ性白血病の治療について)
第5章 小児がんのトータル・ケア(チーム医療とトータル・ケア;インフォームド・コンセントと緩和医療;家族への対応;治療後のQOL;心理的ならびに社会的なQOL)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP