テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
がんのウソと真実 : 医者が言いたくて、言えなかったこと
小野寺時夫著
-- 中央公論新社, 2007.4, 250p. -- (中公新書ラクレ ; 242)
ISBN : 新<9784121502421> , 旧<4121502426>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
手術、抗がん剤、代替療法、免疫療法…がん死を迎える患者2千人以上に接してきた著者が、曖昧にせずほんとうのことを伝える。
よく生き、安らかな死を迎えるための、現代人必読の一冊。
第1章 「がん医療」は問題だらけ(がんは運命しだい?;がん医療、六つの問題点 ほか)
第2章 がんの本当の姿(がんはほかの病気とは明らかに違う;がんの発生 ほか)
第3章 「安らかな死」について(場合によっては心理療法が有効;不思議な経過をたどる患者もいる—三つの例 ほか)
第4章 人は生きてきたように死んでいく(死を意識しても、人格は変わらない;「死に顔」三題 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP