テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
教育激変 : 2020年、大学入試と学習指導要領大改革のゆくえ
池上 彰; 佐藤 優著
-- 中央公論新社, 2019.04, 220p. -- (中公新書ラクレ ; 653)
ISBN : 新<9784121506535> , 旧<4121506537>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
2020年度、教育現場には「新学習指導要領」が導入され、新たな「大学入学共通テスト」の実施が始まる。なぜいま教育は大改革を迫られるのか。文科省が目指す「主体的・対話的で深い学び」とはなにか。自ら教壇に立ち、教育問題を取材し続ける池上氏と、「主体的な学び」を体現する佐藤氏が、日本の教育の問題点と新たな教育改革の意味を解き明かす。巻末鼎談には大学入試センターの山本廣基理事長も登場。入試改革の真の狙いを語りつくした。
第1章 日本の“病”を進行させた教育の歪み(「受験刑務所」は知を育むか
魚は頭から腐る ほか)
第2章 是か非か?二〇二〇年「教育改革」(連合赤軍が生んだ「共通一次」
入試改革をめぐる「勝ち組」「負け組」 ほか)
第3章 アクティブ・ラーニングと「エリート」教育(アクティブ・ラーニングとは何か
「ハーバード白熱教室」を真似できるか ほか)
第4章 テロも教育が生んだ?(高学歴揃いだったオウム真理教幹部
「テロ先進国」ニッポン ほか)
第5章 揺らぐ知の基盤 大学をどうする(怠慢を超えた犯罪に近い知の軽視
「裏口入学」は悪か? ほか)
鼎談 大学入試センター理事長が明かす二〇二〇年度入試改革の真の狙い―山本廣基(大学入試センター理事長)×池上彰×佐藤優
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP