テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
死にゆく人のための医療
森岡恭彦著
-- 日本放送出版協会 , 2003 , 193p. -- (生活人新書 ; 090)
ISBN : 新<9784140880906> , 旧<4140880902>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
脳死、自殺、安楽死、尊厳死。
死または臨死を迎えた人たちに、古今東西の医学や宗教はどう向き合ってきたか。
〈いのち〉の終わりをどう理解してきたか。
だれもが迎える死の、今日的な様相を探り、死に臨む人びとの自己決定権や家族の意思、医師・医療関係者の判断や司法解釈など、ますます複雑化する環境のなかで21世紀の「死に方」を考察する。
第1章 新しい死の概念—脳死
第2章 死のさまざまな様相
第3章 人は自ら命を縮めてよいか
第4章 終末期の医療—安楽死から尊厳死へ
第5章 ターミナルケア
第6章 安楽死の容認
第7章 死にゆく人をめぐる問題点
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP