テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
漢字に託した「日本の心」
笹原宏之著
-- 日本放送出版協会, 2014.06, 270p. -- (NHK出版新書 ; 438)
ISBN : 新<9784140884386> , 旧<414088438X>
 
関連書籍を探す
東アジア各地に広がる漢字文化。漢字への日本人の思いは強く、意味や音だけでなく情感や形にまでこだわり、他国には見られないほどの愛着をもってフル活用してきた。ひらがな、カタカナ、数々の国字も、漢字なしには生まれてはいない。漢字を消化・吸収し、考え、遊び戯れ、ときに悩み、誤解や曲解を重ねた2000年の歴史。それを見ていけば、日本人とは何かが見えてくる。
第1章 漢字はあんがい身近な文字である(漢字文化圏の中の日本
日本人は当て字が好き
漢字の成り立ちについての新しい解釈)
第2章 日本人と漢字との出会い(文字をもった日本人―「倭」国から「和」国へ
国字の誕生とその応用)
第3章 誤字も略字も文字のうち(つい書いてしまう誤字
新聞に特有の文字用法
手紙を書くときに使う漢字
職業で特殊化した文字)
第4章 地名や人名を表す文字(地名を表す漢字
土地ごとに多い名字を探る
名前の漢字に流行を見る)
第5章 若者漢字と漢字文化の未来(漢字は消えてなくなるのか?)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP