テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テレビのからくり
小田桐誠著
-- 文藝春秋 , 2004 , 243p. -- (文春新書 ; 419)
ISBN : 新<9784166604197> , 旧<4166604198>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
いまや国民最大のメディアとなったテレビ。
ニュース、スポーツ、ドラマ、バラエティと番組のジャンルは他メディアを圧倒する。
しかし、そこには不思議な点も多い。
番組の指標の一つにすぎない「視聴率」という業界内の“地域通貨”が市民権を得て流通するようになったのは何故か?
制作費流用疑惑に揺れるNHKの戦略とは何だったのか?
一方、変革著しい放送技術の陰で、現場ではいまだに手仕事に近い職人芸が残っている。
彼らテレビマンは何を考えながら番組づくりをしていたのか…。
日々の放送からは窺いしれない、摩訶不思議な世界の全貌を明らかにする。
第1章 「良い番組」と「悪い番組」(視聴率とニュース戦争;『ニュースステーション』の軌跡 ほか)
第2章 テレビの花形たち(「深夜枠」から「ゴールデンタイム」に進出した「へぇ」;「タメになる」より、「くっだらねぇな」 ほか)
第3章 番組誕生—クイズ番組の系譜から(すべては「セブンミステリー」から始まった;歴史を「学ぶ」のではなく「遊ぶ」には ほか)
第4章 NHKのメディアミックス戦略とは?(NHK“モンロー主義”;「海に火輪を、組織に風穴を」 ほか)
第5章 テレビ業界への第一歩(「発想がつぶれる」とADをいやがる新人;多様な採用システム ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP