テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
外交官が見た「中国人の対日観」
道上尚史著
-- 文藝春秋, 2010.8, 221p. -- (文春新書 ; 767)
ISBN : 新<9784166607679> , 旧<4166607677>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
沈む欧米諸国、日本をよそに経済的大躍進を続ける中国。我々は「中国はいい加減な国だ」とあら探しをして安心してはいないか?中国には自慢もあれば、自制もある。元中国公使が見た、聞いた「新しい中国」の姿。
第1章 若者たちは日本をどう見ているか-交流の現場から(インターネットが中国社会を変える?
超エリート校「北京四高」は日本で何を見たか ほか)
第2章 中国の知識人たちとの対話(対話1-歴史認識とメディア、ビジネス
対話2-文化、コミュニケーション、外国観、環境 ほか)
第3章 中国メディアは何を伝えているか(経済発展とオリンピック報道
中国人の「自己評価」 ほか)
第4章 日本ってどんな国?-中国青少年への日本発信(日本は精神的豊かさを大事にしてきた
日本と中国の切っても切れない深い縁 ほか)
第5章 共に進化する未来へ(日本の中国認識-危ない心理バランス
中国人の愛国心と「知」へのリスペクト ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP