テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本の地価が3分の1になる! : 2020年 東京オリンピック後の危機
三浦展, 麗澤大学 清水千弘研究室著
-- 光文社 , 2014.09, 204p. -- (光文社新書 ; 716)
ISBN : 新<9784334038199> , 旧<4334038190>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
人口減少に歯止めがかからず、消滅の可能性がある都市が指摘されるなど、日本衰退の危機感は増す一方だ。生産年齢人口(15~64歳)が減り、経済も下向き、住宅地価格も下がる。現在と同じ住宅地価格を維持するために必要な生産年齢人口は、2040年には東京都全体で394万人、全国では3600万人にまでふくらむ。では、75歳まで働く社会にすればどうなるか?移民をどのくらい入れれば、地価は維持できるのか―?さらには、将来の東京で浮上する街、停滞する街を大胆予測。都市の活力を向上させるための処方箋を考える。
第1章 超高齢社会における地価の下落(現役世代が毎年100万人減る
2つの東京オリンピックの違い ほか)
第2章 人口と地価の理論(日本に起きた三度の地価上昇
日本全体が夕張市になる!? ほか)
第3章 生産年齢人口の減少を埋めるのは外国人か高齢者か?(在留外国人の増加
外国人は若い ほか)
第4章 東京主要駅周辺の現状と将来(吉祥寺―「住めない街」に迫り来る二重の危機
北千住―日光街道最初の宿場のにぎわい復活か? ほか)
特別座談会 不動産価格下落を防ぐ処方箋(島原万丈×清水千弘×三浦展)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP