テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
教育改革の幻想
苅谷剛彦著
-- 筑摩書房 , 2002 , 222p. -- (ちくま新書 ; 329)
ISBN : 新<9784480059291> , 旧<4480059296>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
二〇〇二年度より新学習指導要領が実施される。
この要領がめざす教育改革のねらいは「ゆとり」と「生きる力」の教育であり、それを実現するものが「総合的な学習の時間」である。
これらをつなぐ論理は「子ども中心主義」であるが、この教育方針は本当に子どもたちのためになり、学校を再生するに足るものなのか?
また、受験や詰め込み教育は本当に罪悪なのか?
さまざまなデータを検証し、教育と日本社会のゆくえを見据えて緊急提言する。
第1章 教育の制度疲労(政策担当者の問題把握;これまでの教育改革の成果 ほか)
第2章 「ゆとり」と「新しい学力観」「生きる力」の教育(「ゆとり」をめざす教育の問題認識;「新しい学力観」と「生きる力」の教育 ほか)
第3章 「ゆとり」のゆくえ—学習時間の戦後小史(子どもの「ゆとり」は奪われてきたのか;「勉強の時代」の復活—勉強のしすぎはゆとりを奪ったのか ほか)
第4章 「子ども中心主義」教育の幻惑(「ゆとり」と「生きる力」をつなぐ論理;「子ども中心主義」の教育 ほか)
第5章 教育改革の幻想を超えて(手段を欠いた理想のゆくえ;現実と理想のコントラスト ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP