テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
金融の未来学 : 小さなセーフティネットをめざして
翁百合著
-- 筑摩書房 , 2002 , 173p. -- (ちくま新書 ; 332)
ISBN : 新<9784480059321> , 旧<4480059326>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
長引く不況と不良債権処理の遅れにより銀行経営は悪化し、日本の金融環境は、未曾有の危機的状況が続いている。
こうした中で預金全額保護の終了、いわゆるペイオフ解禁は、日本の金融システムにどのような影響を与えるのだろうか。
預金者が安全な銀行を選別するようになれば、銀行は信頼を失うまいと従来以上の経営努力を迫られるであろう。
はたして銀行は再生できるのか?
日本の金融の将来像を見据える一冊。
第1章 ペイオフ解禁とは何か—預金全額保護の特例期間の終了
第2章 セーフティネットとは何か—預金保険制度の金融システムにおける位置づけ
第3章 新しい金融環境とは—預金保険法改正の論点
第4章 間接金融依存型システムからの脱却
第5章 不良債権問題と銀行部門の建て直し
第6章 銀行業の新しい展開
第7章 郵便貯金の将来像
第8章 市場規律の発揮と利用者の自己責任
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP