テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
気まぐれ「うつ」病 : 誤解される非定型うつ病
貝谷久宣著
-- 筑摩書房, 2007.7, 198p. -- (ちくま新書 ; 668)
ISBN : 新<9784480063724> , 旧<4480063722>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
夕方から生じる抑うつ気分、出来事や人間関係への過敏性、過食、過眠、そして激しい疲労感…。
従来のうつ病と異なり、このような反応を示す「非定型うつ病」が今、都市部を中心に拡がりつつある。
きわめて現代的な病でありながら、周囲から「お天気」「気まぐれ」と誤解を受けやすいものでもある。
本書においてはじめて包括的にその特徴と症例、治療法が解説される。
1 非定型うつ病とは
2 うつ病の症状と診断
3 非定型うつ病のさまざまな事例
4 非定型うつ病とメランコリー型うつ病との違い
5 非定型うつ病と他の精神障害との関係
6 非定型うつ病の原因
7 治療法
8 療養と看護
9 非定型うつ病は増えているのか
10 不安・抑うつ疾患の発症土壌
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP