テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
兵学思想入門 : 禁じられた知の封印を解く
拳骨拓史著
-- 筑摩書房 , 2017.9, 268p. -- (ちくま新書 ; 1280)
ISBN : 新<9784480069863> , 旧<4480069860>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
江戸初期に学問として体系化され、甲州流・山鹿流といった兵法として花開いた兵学。自己を律することを求めるだけでなく、独自の国家観を中心に、修己・治人・治国・平天下へと繋げていくものとして豊かな内容をもったその体系は、やがて明治維新の原動力となった。それが西洋兵学の流入によって変容し、二十世紀の戦争の時代にその精神性の強調によって誤解されるに至ったのはなぜか。現代兵学の観点から批判的考察を交え、思想としての日本兵学の特質を総合的に論じる。
第1章 日本兵学とは何か―その独自性と重要性(中国兵法と『孫子』
日本独自の兵学を生んだ江戸時代 ほか)
第2章 日本兵学の芽生え(古代の兵法
中世・戦国の兵法)
第3章 江戸時代の兵学思想(甲州流兵学―最も普及した兵法
北条流兵学―和魂洋才の兵法 ほか)
第4章 維新以後の日本兵学(日本兵学から西洋兵学の時代へ
日露戦争と日本兵学 ほか)
終章 現代に活きる日本兵学思想(自衛隊と日本兵学
国の独立と平和を守る人々のために)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP