テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
バカ親、バカ教師にもほどがある:子ども化する大人たち
藤原和博著 ; 川端裕人聞き手
-- PHP研究所, 2008.3, 217p. -- (PHP新書 ; 515)
ISBN : 新<9784569699462> , 旧<4569699464>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
わが子かわいさのあまり無理難題をつきつける「モンスターペアレント」。
"いじめなんてない"と逆ギレする「モンスターティーチャー」。
自分の気持ちだけを優先する大人たちの増殖が問題となっている。
「先生がうちの子を起こして!」
「キモイから担任を替えて!」
「教師の私にたてつく気か!」
…親と学校の壁はますます高くなるばかり。
面倒な対話がなくても生きられる現代社会、このバラバラ状態は変わらないのか?
民間出身の公立中学校長として奮闘した著者に、真に子どものためになる子育て・教育改革の道を聞く。
第1章 バカ親の壁(バカ親、登場—居心地のよさを求めて(うちの子のためにサッカー部をつくれ!;うちの子にスリッパを貸して! ほか)
バカ親、ゴネる—「消費者様」の行き着く先(先生がうちの子を起こして!;あの子を登校停止にしろ! ほか)
バカ親、こだわる—「自分の気持ち至上主義」の弊害(あの親と同じ学級にするな!;キモイから担任を替えて! ほか))
第2章 バカ教師の壁(私のクラスにいじめがあると言うの!;アイツは校長にたてつくおかしなヤツ! ほか)
第3章 親と子の壁(「成熟社会」とは何か;成熟社会に必要な「チカラ」 ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP