テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
「説明責任」とは何か : メディア戦略の視点から考える
井之上喬著
-- PHP研究所, 2009.7.31, 214p. -- (PHP新書)
ISBN : 新<9784569771083> , 旧<4569771084>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
いまや日本中で連日連夜、謝罪が繰り広げられている。
「説明責任を果たしていない」と詰め寄られる企業不祥事の記者会見。
「説明責任は果たせたと思う」と大臣をかばう総理のコメント。
だが国民はけっして納得していない。
いまなぜ、どのように「説明責任」を果たすことが求められているのか?
パブリック・リレーションズ(PR)の第一人者が、「倫理」「双方向」「自己修正」の三つの原則から、日本における「説明責任」の実態を解説し、問題点を指摘する。
情報開示に不可欠なリスク管理にポイントをおいた待望の書き下ろし。
第1章 日本を徘徊する「説明責任」という妖怪
第2章 「説明責任」の原義と歴史的流れ
第3章 日本人の民族性が「説明責任」を複雑にしている
第4章 日本における「説明責任」の実態
第5章 危機管理と「説明責任」
第6章 パブリック・リレーションズの中の「説明責任」
第7章 日本におけるパブリック・リレーションズの流れ
第8章 パブリック・リレーションズはいま
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP