テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
あの演説はなぜ人を動かしたのか
川上徹也著
-- PHP研究所, 2009.10, 204p. -- (PHP新書 ; 632)
ISBN : 新<9784569773759> , 旧<4569773753>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
すぐれた演説・スピーチには、人の心を揺さぶり、歴史を動かし、世界を変える力がある。
小泉純一郎の郵政解散演説、オバマの民主党大会史上最高の演説、ブッシュが九〇%超の支持率を得た九・一一演説、キング牧師の「私には夢がある」演説…。
こうした名演説には、必ずといっていいほど使われている手法がある。
伝えるべきメッセージを、「人類共通の感動のツボ」を突くようなストーリーに託して語っていたのだ。
ストーリーテリングの専門家が、ビジネスにも有効なスピーチの法則を、具体例をあげて明らかにする。
はじめに—人を動かした演説には共通の法則がある
第1章 小泉純一郎郵政解散演説—その後四年間の日本を変えた歴史的演説
第2章 田中角栄ロッキード選挙演説—逆境の時にこそ底力を発揮する角栄節
第3章 バラク・オバマ二〇〇四年民主党全国大会基調演説—演説の力で一夜にしてライジング・スターに
第4章 ジョージ・W.ブッシュ9・11直後の演説—低支持率から一気に支持率九〇%へ
第5章 ジョン・F.ケネディ大統領就任演説—名演説はリンカーンを徹底的に研究して生まれた
第6章 フランクリン・ルーズベルト大統領就任演説—たった十数分の演説で絶望していた国民に希望の灯を
第7章 マーティン・ルーサー・キング,ジュニア「私には夢がある」演説—オバマも真似た二十世紀を代表する名演説
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP