テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
この国はなぜ被害者を守らないのか : 子ども被災と薬害エイズ
川田龍平著
-- PHP研究所, 2013.6, 171p, -- (PHP新書 ; 872)
ISBN : 新<9784569813219> , 旧<4569813216>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
日本中が団結し、政府を動かした薬害エイズ裁判からもうすぐ20年。当時、初めて実名を公表し、原告として闘った川田氏は、社会を変えるには政治しかない、と国政の場に立った。しかし東日本大震災後に彼がみたのは、あのときから何も変わらぬこの国の姿だった―。放射能の被害から子どもを救うため、必死の思いで成立させた「子ども・被災者支援法」に、なぜ国は1円も予算をつけないのか。そこには、利益のためにいのちがやすやすと切り捨てられるカラクリがある。「時代は変わるのではなく、変える」。日本の未来を担う「子ども」を守り抜くために、いますぐ私たちができること。
第1章 薬害、公害、原発事故。すべては同じ根っこから(いのちより利益優先の仕組み;高木博士の危惧が現実に ほか);
第2章 立法の場に挑む(原点は薬害エイズ;薬害エイズ裁判の原告に ほか);
第3章 いのちを守れ!(放射能の被害からいのちを守る;原発以外にも回転ドアはそこら中に ほか);
第4章 いのちを守る法律はこうしてつくられた(児玉教授の告発―国会は何をやっているのですか?;党派を超えて取り組んだ「子ども・被災者支援法」 ほか);
第5章 政治家の動かし方(政治に失望する前に;どうしたら声は届くのか ほか)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP