テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
物語 日本の女帝
小石房子著
-- 平凡社, 2006.6, 215p. -- (平凡社新書 ; 328)
ISBN : 新<9784582853285> , 旧<4582853285>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
日本にはかつて八人十代の女帝が存在した。
特に飛鳥時代から奈良時代までには、六人の女帝がおり、うち二人が重祚するなど、日本の古代は女帝の時代といっていい。
しかし、これまで女帝の生涯が正しく語られることはなかった。
『皇室典範』は女帝を中継ぎと定義したが、果たしてそれは事実に基づくものなのか?
それぞれの生涯や事績が正しく伝えられることが少なかった個性豊かな八人の女帝の実像を鮮やかに描き出す。
第1章 推古天皇—才色兼備の初代女帝
第2章 皇極天皇—天をも動かす至徳まします巫女王
第3章 斉明天皇—鬼が葬儀を見送った謎多き天皇
第4章 持統天皇—万世一系の基を築いた国産みの女帝
第5章 元明天皇—子から皇位を譲られた母帝
第6章 元正天皇—聖武天皇の即位に尽くした未婚の女帝
第7章 孝謙天皇—父から仏教王国建設を引き継いだ女性天皇
第8章 称徳天皇—道鏡との伝説で歪められた事績
第9章 明正天皇—徳川家の血をひく葵の帝
第10章 後桜町天皇—朝廷の安寧に尽くした生涯
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP