テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
世の中がわかる憲法ドリル 
石本伸晃著
-- 平凡社, 2007.10, 289p. -- (平凡社新書 ; 393)
ISBN : 新<9784582853933> , 旧<4582853935>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
毎日聞き流しているニュースにも、「憲法」が深くかかわっているものがたくさんある。
その出来事がなぜ問題なのか、問題の本質は何か。
「ニュースと憲法を結びつける」という視点で、知識ゼロからやさしく学ぶ憲法の本。
「穴埋めクイズ」を解きながら憲法がわかる、"世の中のしくみ"がもっとわかる。
格差社会を生きるには—生存権(二五条)
いじめっ子は学校に行かせなくてもいい?—教育を受ける権利(二六条)
女性が天皇になるためには—国民主権と天皇制(前文、一条〜八条)
その平等は期限切れ?—法の下の平等(一四条)
「君が代」を歌う自由、歌わない自由—思想・良心の自由(一九条)
情報番組のウソと放送の自由—表現の自由(二一条)
なぜ悪人にも弁護士をつけなければならないのか—人身の自由(一八条、三一条〜四〇条)
参議院なんかいらない?—国会(四一条〜六四条)
首相の「任命責任」って何だ?—内閣(六五条〜七五条)
「憲法の番人」の仕事としくみ—裁判所(七六条〜八二条)
地方が幸せになるためには—地方自治(九二条〜九五条)
ニッポンの財布が危ない—財政(八三条〜九一条)
憲法の出発点—個人の尊厳と憲法の構造(一三条)
憲法を守らなければならないのは誰か—九条と憲法改正(九条、九六条)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP