テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
日本は中国でどう教えられているのか
西村克仁著
-- 平凡社, 2007.11, 225p. -- (平凡社新書 ; 398)
ISBN : 新<9784582853988> , 旧<4582853986>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
歴史認識問題で、しばしば摩擦が生じる日本と中国。
日清戦争、満州事変、「南京大虐殺」、太平洋戦争…、中国の学校で、日本はどう教えられているのか?
現役の社会科教師が北京の中学・高校を訪ね、近現代史の授業の詳細と生徒の声をレポートする。
中国の若い世代は「反日」なのか、「親日」なのか?
彼ら彼女らの本音が、ここにある。
第1章 中国の学校の特徴(はじめての授業風景;厳しい学歴社会 ほか)
第2章 愛国主義教育と歴史教育(学校現場における愛国主義教育—「愛国」は徳育の根本;「中国人民抗日戦争記念館」 ほか)
第3章 歴史の授業はどのようなものか(アヘン戦争以前—中国における「古代」
アヘン戦争(一八四〇〜四二年)—近現代史の始まり ほか)
第4章 中国の中高生と歴史問題(「日本についてどう思いますか?」;「日中間の歴史問題について関心がありますか?」)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP