テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
大解剖日本の銀行 : メガバンクから地銀・信金・信組まで
津田倫男著
-- 平凡社 , 2012.1 , 207p. -- (平凡社新書 ; 626)
ISBN : 新<9784582856262> , 旧<4582856268>
 
関連書籍を探す
出版元へリンクする
銀行という組織は「堅い」とか、「融通が利かない」と評されることが多い。それはカネを扱う「特殊な」商売をしているからである。さらに、その特殊性や数の少なさが組織を見えにくくさせるだけではなく、彼ら自身が「特殊な」事業を行っていると錯覚し、時に、顧客である個人や企業に対して居丈高な態度になるのだ。わかりにくい銀行という事業体、はたして、その実態とは。
第1部 銀行を解剖する(銀行とは何か
銀行のウチとソト)
第2部 現在の銀行の置かれた状況を知る(最新、大手五行のお家事情
大手に続く第二、第三勢力の課題
実質銀行である信金、信組)
第3部 銀行の喫緊の課題を探る(地方金融機関という呪縛と国際化
他業態からの進出)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP