テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
流通業
消費者が必要とするモノを、必要なときに、必要な量を届ける流通業は、人々の生活に欠かせないインフラとして戦後大きく発展してきたが、経済が企業本位から生活者本位への潮流を強める中で今、新たな変革の時代を迎えている。
関連書籍を探す
読書ガイド
 高齢化・成熟化の消費社会に移ろうとする現在、流通構造はどのように変化するのか。IT技術の急速な普及は流通業にどのような影響を及ぼすのか。あるいは日本経済の国際化と流通はどのような関係にあるのか。『流通は進化する : 日本経済の明日を読む』はこうした問題意識に立って、日本の流通システムの変化を分析している。
 経済が企業本位から生活者本位へと移り、マスから個への転換が進んでいるというのに、多くのビジネスがいまだ従来の慣行や体験に囚われて適切な対応ができていない、と指摘するのが『顧客社会 : 生活者中心の流通戦略』。生活者中心の「顧客社会」では地域対応と個店化、そして働き手の自発性や創造性を発揮できる組織体制作りが必要と説く。
『流通革命 : 製品・経路および消費者』は1962年に初版が発売された、今日の流通問題に関する議論の源流というべき書で、53版を重ねている。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP