テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
イスラム入門
イスラム教とは何か? イスラム教、イスラム社会、イスラム文化を理解するための解説書
関連書籍を探す
読書ガイド
 9・11の同時多発テロや米英対イラク戦争の根底には、イスラム世界と欧米世界の対立がある。日本政府や日本人の多くが、欧米支持に傾く傾向があるのは、イスラム世界が日本人にとって親しみの薄い世界であることと無関係ではあるまい。では、イスラムとは何なのか。
 イスラム世界の全体像を理解するには、『イスラム教入門』『イスラム入門』『イスラームとは何か:その宗教・社会・文化』など。イスラム教の誕生から近現代の潮流まで歴史的展開を解説する。『イスラム入門』は西欧的偏見や護教的立場を離れ、一つの宗教思想・経験の自発的表現としてのイスラムを解き明かす。
 世界に10億を超えるといわれるイスラムの人々はどのような日常を送っているのか?その疑問にこたえるのが『イスラームの日常世界』。イスラム教徒の日々を、断食、礼拝、巡礼などの最も大切にされていることや、結婚・職業観などから語り、その知られざる姿を明らかにする。
『現代イスラムの潮流』はイスラムの歴史や思想に加え、現代の潮流を分かりやすく解説し、テロによって蓄積されている怖いというイメージを否定し、イスラムは平安と平等を求める宗教だと教える。
『日本人にとってイスラームとは何か』は、イスラムを見る日本人の眼と、日本人がみているイスラム社会の双方を意識しつつ、新たなイスラム像を提起する。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP