テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
テーマ Theme
クルマ社会
クルマのないシンプルな生活、狭い国土に溢れるクルマの社会的問題、クルマと人間との共存などについて。
関連書籍を探す
読書ガイド
 狭い国土に溢れるクルマの社会的問題とは? 『クルマから見る日本社会』は、狭い国土にあふれかえるクルマの問題点をあぶりだす。道路は貧弱で、駐車スペースも考慮されていない、しかも多発する交通事故で大勢の人が亡くなっている。環境にも深刻な影響を与える日本のクルマ社会に疑問を呈する。
『クルマが優しくなるために』は交通事故の分析、環境問題との関わり、ハイテク交通システムの持つ落とし穴など、クルマの何が問題か、共存は可能なのかを、多様な視点から考える。
 自動車は現代文明の輝ける象徴である。しかし、自動車による公害の発生から、また市民の安全な歩行を守る立場から、その無制限な増大に対する批判が生じてきた。『自動車の社会的費用』は、市民の基本的権利獲得を目指す立場から、自動車の社会的費用を具体的に算出し、あるべき都市交通の姿を示唆する。
『クルマを捨てて歩く!』はクルマのないシンプルライフの提案。クルマを捨てると時間が増え、お金が増え、歩く楽しさが実感でき、体力がつき、環境がよくなり、人間関係もよくなる……と、よいことばかりのようだ。クルマを捨てることで始まる新しい生き方のすすめ。
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP