テーマで探す新書ガイド 新書マップ BOOK MAP web magazine [ 風 KAZE ]
>>新書マップ検索画面へ戻る
テーマ Theme
沖縄「戦後」ゼロ年
目取真俊著
-- 日本放送出版協会, 2005.7 , 189p. -- (生活人新書 ; 150)
ISBN : 新<9784140881507> , 旧<414088150X>
 
関連書籍を探す
もっと詳しい書誌をWebcat Plusで見る
出版元へリンクする
沖縄戦から六十年。
戦後日本の「平和」は、戦争では「本土」の「捨て石」に、その後は米軍基地の「要石」にされた沖縄の犠牲があってのもの。
この沖縄差別の現実を変えない限り、沖縄の「戦後」は永遠に「ゼロ」のままだ。
著者は、家族らの戦争体験をたどり、米軍による占領の歴史を見つめ直す。
軍隊は住民を守らない。
節目の六十年の日本人に、おびただしい犠牲者の血が証し立てた「真実」を突きつける。
第1部 沖縄戦と基地問題を考える(はじめに〜「戦後六十年」を考える前提;私にとっての沖縄戦;沖縄戦を小説で書くこと;基地問題)
第2部 "癒しの島"幻想とナショナリズム—戦争・占領・基地・文化(アメリカの世界戦略と基地沖縄;能力主義教育の浸透と沖縄の教育運動;教科書をめぐる論点;イデオロギーとしての"癒し系"沖縄エンターテインメント;癒しの共同体・天皇制・宗教;沖縄戦の記憶と継承;沖縄文学と言葉)
ウインドウを閉じる
<< PAGE TOP